ZC32S RRP レーシングフットレスト取付け

Views: 360

RRP レーシングフットレストを取り付けます。レイルさんのセンターコンソールサイドカバーを取り付けていましたが、同時には取付け不可の為、外してしまいました。見た目だけの問題です。

センターコンソールのサイドカバーを外します。クリップ一つで留まっているので斜め下方向に引っ張れば外れます。

フットレストは仮組みしておきます。

1. ①のステー

付属のナットで仮締めします。六角レンチを使用します。六角ソケットとラチェットハンドルの組み合わせが作業に適しています。

2. ②を純正ナットに共留め

②の純正ナットに共留めするので、純正ナットを取り外します。フットレスト本体を差し込み仮留めします。狭いので指が便利です。

3. ③車体側のステーに取り付け

③にフットレストのステーとフットレスト本体を車体側のステーに付属のナットで仮留めします。ここでも六角レンチを使用します。

フットレスト本体は押し込むようにすればネジ穴に合わせられます。かなり手強いですがカーペットを切断しないよう気をつけて下さい。

4. ①②③を増し締め

①は裏側に10mmのメガネコンビネーションラチェットレンチを当てて締めました。

②も10mmの首振りコンビネーションレンチを使用して締め付けました。ここは締めるのが難しいです。

③も①と同様です。

取付け完了です。

定期的に増し締めした方が良いです。バーの位置変更は一度本体を外さないと出来ないので最初に決めておきましょう。個人的には高い位置の方が良かったです。

今回は、以下の工具を使用しました。

スイフトのメンテと言うか、パーツをDIYで取り付けるようになって工具がかなり増えました。

トルクレンチも低トルク用と2組、トーニチ製を購入しました。

今では、足廻りやブレーキなど特殊なことをしない限り工具はほぼ揃ってしまいました。たまに買い足しますけどね(^^;;

CAST用にはKTCホイールナット専用トルクレンチを購入。面倒臭かったのです。