バッテリー上がり

Views: 23

4月に入って、4月末のFSW走行に向けて放置状態のコペンのエンジンを起こして徐々に慣らしていこうと思いドアを開けてエンジンスタート。

あれ?電源類は入るもののスターターが起動しない。参考までの情報として増設シガレットに付いている電圧系を見ると8V。

マジか!たまに動かしておこうと2月には買い物にコペンを使用。その時は特に何もなかった。

一昨年前2022年夏に一度ドアも開かないバッテリー上がりを起こしました。今回は8Vあるのでアクセサリー系含む電源類はok。

仕方ないのでバッテリーを外し室内で専用充電器で充電します。コペンのバッテリーはリチウムイオンです。重量はわずか1.7k。

充電器は内部チェックもしてくれます。①〜③

今回も何事もなく充電完了。

余談ですが、

実は3月下旬にもバッテリーが上がっていて、その時は充電完了で早々にバッテリーをコペンに積込み軽く走行まで行いました。

バッテリーをコペンに詰め込みエンジンスタートのみ確認。洗車後、翌日は雨のためそのまま。

余談ですが、バッテリー端子に養生テープが貼り付けてあるのは、前回バッテリーを積み込む際に横着し取り付けステーでショートさせてしまったから。ビックリしましたねー。

一日置いて昼休憩にエンジンスターターの確認。OK!10分ほど暖気して近所を走行。ちなみに在宅ワークなのでこんな事が出来ます。

また、翌日から二日間雨のため、明け後エンジンスターターの確認。あれ?もう9Vだって!

エェエェエェエェエェエ(゚ω゚ノ)ノエェエェエェエェエェエ

仕方ない、ちゃちゃっとバッテリーを外し、室内で充電。仕事の合間にステータスを確認。

なーんとエラーLEDが点滅してる。

説明書を見るとバッテリーの制御基盤かバッテリー内部にダメージがあると書いてある。マジかー

ショップさんに連絡してメーカーさんに確認をお願いしました。

じつは、バッテリー外側に亀裂がある事も判明。

恐らくですが、バッテリー積込み時にステーを締めすぎて割れたんじゃないかと。普通のバッテリーも同じですが締め付け限度が分かりませんよね。バッテリーが動かなければ良いのだと思うけど。

バッテリーそのものは膨張などありません。

このSuperB、一般的にはあまり知名度はないですごレース界隈では有名のようです。

万が一のバッテリー破裂などに備えて構造上、何重にも備えてあるそうです。

5年以上使用できるはずがまだ3年 _| ̄|●

メーカーは交換と言ってくれてますが、いわゆる買い替え。高価な品物なので何とか少しでも補助してくれないかなぁ。

そのまま利用するには危険なのでオーダーしました。普通のバッテリーに戻そうかと思いましたが専用充電器も無駄になるし、それ以前に表現出来ませんが交換するとなんか違うのですよ。

興味があればサイトのURL貼りますのでご覧下さい。

http://racetech.jp/super_b/

ショップさんでも取り扱い始めてから購入したのは自分だけだそうです。(^^;)

という事で4月下旬のFSWは無くなりました。残念です。