ジムカーナをはじめる方に

Hits: 20

あくまでも参考程度で、読んでください。

一応、自分が始めた時のお話みたいなものです。

はじめてジムカーナをやる為に必要な物。

■メット

f:id:la400k:20181126225526j:image

■グローブ

f:id:la400k:20181126225518j:image

■綿の長袖

■クルマ

■ビニールテープまたは養成テープ

クルマはノーマルでも全く構いません。

フリー走行やイベント系に参加するのがベターだと思います。

準備1

走行時に、万が一漏れない様にブレーキリザーバータンクの蓋にビニールテープで固定します。

f:id:la400k:20181126230626j:image

でも、何回もつけたりしていると熱でベトベトになってしまうのでリザータンクカバーに変えています。

f:id:la400k:20181126231010j:image

あと、ほとんどの場合、ボディにゼッケンを貼り付けます。

その際にもビニールテープもしくは養成テープが必要になります。

f:id:la400k:20181126231258j:image

上記に加えあった方が良いもの

■トルクレンチ

■ブルーシート

■アウトドア用チェア

■エアゲージ

f:id:la400k:20181126225931j:image

自分が使用しているものは、Coleman の小さいものです。
f:id:la400k:20181126225936j:image

イベント系のジムカーナだと、ほぼ1日コースになるのであると楽です。

慣れてきたら

ワンタッチテントもあると非常に便利です。

イベント系は、必ず集合時間は守りましょう。

あとは、オフィシャルの言うことに従って行動すれば、ほとんどの場合OKです。

準備2

クルマのラゲッジスペースなどに入っている荷物は基本、すべて下ろします。

運転席のマットも。

なのでブルーシートが必要です。

荷物を下ろすのはサーキットでも同じです。

準備3

空気圧もチェックしましょうね。

最初は、基本設定で構いません。

冷間で合わせましょう。

と言っても、ジムカーナ場ではエアコンプレッサーを見かけた方がないので、各自用意が必要です。

空気圧チェックは、普段からメンテナンスしておきましょう。

準備4

ホイールナットも増し締めが必要です。

トルクレンチは最初に買っておいた方が良いでしょう。

ドライバーズミーティング(ドラミ)

完熟歩行→コースを覚えます。

走行開始となります。

初めは間違っても問題ありません。

何度か同じイベントに出ると顔見知りも自然と出来ます。

自分もボッチで始めました。

たまに、ボッチの時もあります。

挨拶からで良いので、積極的に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。